助産師求人サイトで給与が上がる?

お給料アップを目指したい助産師さんへ

助産師求人サイトで給与が上がる?



助産師の仕事は、その名前通り助産行為をメインにして付随する作業全般をおこないます。 褥婦(じょくふ)及び新生児に対する保健指導など幅広い仕事をこなさなければならない職業です。 助産師の話をしていると良く出てくる言葉が<褥婦>です。

褥婦は出産後間もなく、まだ産褥(さんじょく)にある女性で「産婦」とも呼ばれます。 難しい言葉がでてきますが、産褥とは「妊娠や分娩によって発生した生殖器や体の変化が妊娠する以前の状態に戻るまでの期間のこと」をいいます。

ここでは、こういった仕事をする助産師がもらっている平均的な給与水準はどれくらいかご紹介しましょう。

助産師は国家資格で、まずは基本的に看護師資格がなければなりません。看護師経験をしっかりと積み、その上でキャリアアップ・ステップアップとして取得を目指す資格という位置づけになります。助産師の転職活動をするためには、助産師求人サイトを活用します。

そういった経験が物を言う世界ですから、とても専門的で多くの助産経験が要求される仕事です。 そして助産行為は基本的に医師と助産師にしか許可されていません。 その職場に関しては産院や病院の参加や独立開業している助産院に限られます。

最近の傾向としては日本全体的に少子化傾向で助産院は激減しており助産師の勤務先はほとんどが病院の産科になっています。 その助産師の平均的給料は勤務先によって違いますが、大雑把に初任給が260,000円、ボーナスが120万円から140万円で年収ベースでは500万円よりも少しオーバーする程度です。

この水準は医療従事者の中では高額な水準になると思います。 また助産師の仕事は看護師の仕事を十分に経験してからなるケースが多く平均年齢も高いです。 中には70歳を越す女性も多く長期間に渡って継続できる仕事なのです。

こういった視点で考えると将来性がある仕事になります。 一方で最近は出産に関わる訴訟問題が多くなり産院自体を廃止してしまう医師も多いです。 その影響もあり助産師の活躍の場は少なくなってきています。

助産師の方の面接でのポイント

助産師の方が仕事を探す際にポイントになるのが面接です。面接では直接人柄などが分かるため、採用する側も最も重視する 採用試験として取り入れている所がほとんどです。特に第一志望の職場の際は面接対策も入念に行う事でより採用の可能性を 高める事ができます。

面接の際のポイントのまず一つめは第一印象です。見た目や雰囲気で判断されるものはやはり大きく、 助産師の方でも重要なポイントになります。助産師は優しい雰囲気や人当たりの良い方は多いですが、見直しておきましょう。

次に面接で大きなポイントになりやすい、志望動機です。なぜその職場で仕事をしたいと思ったのかという事をしっかりと 説明できるようにしておきましょう。単に条件面などが自分に合っていたというだけでは採用に至りにくい事もあります。

なるべくその職場の運営方針が共感できた、助産師として仕事をしていくのにこの職場が最適だと思ったという事を、 はっきりとした理由と合わせて答えられるようにしておくのがベストです。

こうした答を導き出すには自分をよく振り返る事が大切です。時間を取ってあなたがなぜ助産師になりたいのか、助産師 としてどのような仕事をしていきたいかという事を深く掘り下げて考えていく事により、答が見つかりやすくなります。

面接を受ける職場についても、なぜその職場でなければならないのかという事について、何度も自分に問いかけるように 考えていきます。そうするとふと自分の中で腑に落ちる答が見つかるタイミングが来ます。

また、よくされる事が多い質問に対しても答を用意しておきましょう。助産師の方で多いのは、人間関係についての質問や 長期的に働く事ができるかという質問です。

これという正解はありませんが、前向きに積極的に働いてくれる方を職場側も 希望しているため、あまりマイナスの印象になるような答え方は採用に至りにくくなります。とっさに質問されると答え にくい質問なので、これらについてもなるべく事前に考えておくと良いでしょう。

助産師として仕事をする方の実際の声

助産師の仕事を検討している方が参考にできる情報は色々なものがありますが、実際に現在助産師として仕事をしている方の 生の声はやはり参考にある事も多くあります。言わば先輩の話なので、情報を積極的に取り入れて今後の参考にする事をお勧め します。

ここでも助産師としての仕事の経験年数が9年の方の体験談をご紹介します。こちらの助産師の方は総合病院の 産婦人科で仕事をしており、助産師は1名、看護師の方2名という体制で仕事をしています。

外来診察は午前中のみとなっており、午後からは事務処理などを行います。カルテの整理や翌日や次の月の準備、また、月に 数回は母親学級という妊娠している妊婦の方のための子育て支援のセミナーを行う事もあります。

さらに助産師のメインとなる 出産の手伝いも月に何度かはあります。病院で勤務している時はその対応に追われる事になりますが、休日の時は呼び出しなど で手伝いに出向く事などもあります。

仕事のやりがいとしてはやはり妊婦の方の出産の初期段階から手助けをできる事が嬉しいという声があります。やはり妊娠は 女性にとって大きな事なので、助産師の方もサポートをする事で一緒に妊娠生活を体験しているような気持ちになれると言い ます。

出産時はやはり体力的に大変な時はありますが、出産の瞬間にはやはり大きな感動があります。出産の介助を行う事で こうした感動を何度も経験できる事が助産師としての大きなやりがいに繋がっているようです。

また、覚悟しておいた方が良い事として、勤務時間が不規則になる事が挙げられます。体力的に大変になり退職をしてしまう 方もいるため、十分に検討してから仕事に就く事をお勧めします。

また、中には悲しい出産になるケースもあるため、精神的な 強さも必要になります。どの仕事にも大変な事はありますが、助産師にもやはりそれなりに大変な事はあります。女性の出産を サポートするという使命感を持って取り組める方にお勧めと言えます。