助産師になる方法と助産師に求められる穏やかな性格

助産師になるにはいくつか方法があります

助産師になる方法と助産師に求められる穏やかな性格

少子化が進む中、新しい命の誕生の瞬間を支える助産師は「素晴らしい仕事で大切な職種だ」と思います。 ここでは、助産師になる方法と助産師に求められる穏やかな性格についてご紹介しましょう。

助産師になる方法には、4年制大学の助産コースを選択するか専門学校を卒業するかなどの方法があります。 最近は少子化の影響もあり助産学校は減少の一途です。

看護師免許を取得して助産師学校などで実習や教育を受け助産師の国家試験に合格しなければなりません。 実習では学生ひとりあたりお産の直接介助を10例程度とることを要求されています。 少子化時代ですから分娩件数も少なくなり産婦人科の閉鎖も相次いでいますから、直接介助を10例こなすこと自体が難しくなっています。

大学以外の助産師学校では1年間で助産師の資格を取得するカリキュラムが多いです。 大学卒業の看護師だけでなく専門学校卒業や短期大学卒業の看護師でも助産師を目指せるので社会人でも入学している人が多いです。

医療現場の中にあっても助産師は特殊な位置づけで、妊娠は病気ではありません。 しかしながら、妊娠していない平常時よりも体調の変化が起こりやすくなっています。 感染や病気には普段以上に注意しなければならない大切な時期です。

さらには子育てや出産に関する不安や妊娠に伴う情緒不安定になりがちな妊婦さんに対してのメンタルケアも必須です。 とりわけ出産から後の産後ケアが助産師の仕事でも大変になります。

病院によって産後ケアはいろいろなパターンがあります。 産後は母体の回復を最優先に考え赤ちゃんと母親は別々の部屋にするという病院もあります。 また、出産直後から赤ちゃんと同じ部屋で赤ちゃんの世話をスタートする病院もあります。 同室の場合は助産師のケアは必須で数時間毎に病室を巡回して健康状態のチェックや指導が入ります。

出産直後の母親は精神的にも肉体的にもデリケートな時期で回復には1カ月程度必要です。 ホルモンバランスも崩れ精神的にも不安定でマタニティーブルーになる人も少数派ではないです。 はじめから良く眠ってくれて手のかからない赤ちゃんは少ないですから、ほとんどまともに眠れない状態でしょう。

そういった精神的に苦しい環境にある母親のメンタルケアをするのが助産師の役割です。 産後の母親は野生動物のようにピリピリと張り詰めていますから、それを包み込む穏やかな性格が助産師には求められるのです。