助産師になるための看護大学の傾向や偏差値

看護大学入学は狭き門ですが、やる気と根性でくぐり抜けよう!

助産師になるための看護大学の傾向や偏差値

妊娠や出産に関連する助産行為をする人を<助産師>と呼んでいます。 海外では男性も女性もいますが、日本では女性のみと法律で規定されています。 助産師は医師と同様助産行為である分娩の介助や臍帯の切断が認められています。

新生児や乳児のケアも大切な仕事のひとつです。 産前教育として親になるための準備のサポートや婦人科の領域の一部や家族計画など女性のためのケアに限定しません。 家族全体や地域社会への健康カウンセリングや教育など幅広い視野で活躍することが期待されています。

ここでは、助産師になるための看護大学の傾向や偏差値についてのお話をいたします。 助産師になるには、看護師学校を卒業した後1年制の助産師養成所を卒業するか、助産師養成カリキュラムのある4年制看護大学を卒業しなければなりません。

卒業すると助産師国家試験を受験する資格を得ることができます。 この試験に合格すれば厚生労働大臣から免許をあたえられます。 毎年1回2月に実施されていますが、助産師国家試験の合格率は90パーセント以上と高いですから、合格のハードルはさほど高くはないです。

それよりも養成所に入ること自体が困難だと言えます。 日本全国にある助産師養成所は短大が4年制の看護大学へ移行していますので、近頃では大学院でしか助産師過程を履修できないケースも増えています。

学校によっては助産師コースのカリキュラムを設置している大学もあります。 しかし定員数は数名という所も多く、助産師になりたいと思ってもその定員の中に入らなければ入学さえできません。

定員の選択方法は学校によって違いますが、大部分は学力選考になります。 助産師カリキュラムを設置している看護大学の偏差値は50から60後半と高い水準にあり入学するのは簡単にはいかないでしょう。

近頃では卒業後に助産課程が学べるような学校も増えています。 助産師学校を併設している看護学校もあります。 そこでは推薦枠なども設けている学校もありますから多少入学は有利になるでしょう。